ブログのアクセスが少なくても収益を上げる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブログ

ブログのアクセスが少なくても収益を上げる3つの方法を紹介したいと思います。

アクセス数だけに目を向けるのではなく収益率を上げる意識も重要です。

ブログのアクセス数別収益額

まずは一般的なブログのアクセス数別収益額(PV数あたりの収益額)について書いておきます。

集客スキルなど含めた運営方針やブログのジャンルによっては差はありますが、
プロブロガーのイケダハヤトさんが自身の実績をベースにアクセス数別収益額を公開されていたので引用させてもらいます。

・1万PV:〜1,000円
・5万PV:3,000〜10,000円
・10万PV:10,000〜50,000円
・20万PV:50,000〜100,000円
・30万PV:100,000〜150,000円
・40万PV:150,000〜200,000円
・50万PV:200,000〜250,000円
・100万PV:500,000〜750,000円
・150万PV:750,000〜1,250,000円
・200万PV:1,000,000〜2,500,000円
・250万PV:2,000,000〜3,000,000円

参考:http://www.ikedahayato.com/20151016/41648386.html

PV数が増えていくにつれて収益率が上がっていく点は興味深いですね。

ただ、1万PV程度でも1,000円稼げないくらいと結構厳しい現実だということがわかります。

実際にブログを始めたけど全然稼げなくて挫折する人は多いと聞きますが、そりゃあ初心者(僕含む)から見たら1万PVってすごい大きな数字で「何年掛かるの?」と思う数字なので挫折する気持ちもわかります。

月間1,200PVのブログで1万円以上の収益が発生

PV数が少ないと稼げないブログで、僕は実際に2017年4月の一ヶ月間だけで1万円以上稼ぐことが出来たんです。

4月のブログ全体のPV数は月間1,200PV程度で早見表ベースでは1,000円以下の収益が一般的なのですが、5~10万PVのブログ同等の収益を発生させてくれたんです。

ブログの記事数は30記事程度、ブログを更新する頻度は1ヶ月に多くて2~3記事で全く更新しない月もあるというダメダメなブログだったのですが。

そこでなぜこんなにPV数が少なくても収益を発生させることが出来たのはか分析したところ、3つの要因があったからでは?と結論付けれたので紹介したいと思います。

ブログのアクセスが少なくても収益を上げる3つの方法

実際に1万円稼げた時は後述する3つのポイントが全て当てはまるものでした。

たった3つですがとても重要な3つのことなので、しっかりとおさえてもらえたらと思います。

しかもブログ全体で満遍なく収益を発生させたわけではなく、たった1記事だけで10,000円の報酬を発生させてくれました。

テーマは自分が実際に悩んだことでそれを解決するために実践したことにする

1つ目は記事のテーマで、重要なのが自分が実際に悩んだことでそれを解決するために実践したことにするです。

自分が感じた悩みを解決するために何をやったのか、どうやって解決したのかというテーマで記事を書くことです。解決できていないと意味ないので未解決のものはダメです。

前提として、ユーザは今現在知りたいこと、悩んでいることを解決したいと思ってGoogleやYahooといった検索エンジンで解決するための方法を検索します。

自分が抱えている悩みって意外と他の人も抱えていることが多いので、そういった悩んでいるユーザのためになる記事を書くことが重要です。

また、自分が実際に体験した経験をアウトプットすることは、下調べが要らないし、自然と文字数も増えるし、なにより自信をもって書けるしで記事を書くのも楽だし達成感すら覚えるくらいです。

共感してもらえる記事を書く

2つ目は悩んでいるユーザ(訪問者)に共感してもらえる記事を書くです。

実際に報酬が発生した記事は、サイトに訪問してくれたユーザに対して話しかけるような、実際に対話しているかのような文章にして共感を持てるような記事になっていました。

自分で後で読み返しても「あるある」と共感を持てるくらいです。

当時はライティングに関しては全然意識しておらず、自分感じたことや思いを素直にアウトプットしただけですがそれが共感を持てる要因になったと感じています。

ある意味僕の感情が前面に出た魂のこもった記事とも言える内容でした。(自画自賛すいません)

ちなみに文字数は1,500文字程度と多くはないので、いかに共感してもらえるかが重要だと感じてました

広告はASPの成果報酬型広告で報酬額が数百円のものにする

3つ目はASPの成果報酬型広告を利用し、その中でも報酬単価が数百円のものにすることです。

さすがに広告なしでは収益を生むことが出来ませんがその広告選びも重要なポイントです。

ブログで稼ぐ方法というか収益を生んでくれる広告の種類はいくつかありますが、僕が実際に10,000円稼いだ時は全て報酬単価が800円~1,000円程度のASPが取り扱っている成果報酬型広告でした。

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーの略で簡単に言うと企業から依頼された商品の広告を取り扱う広告代理店のことで、このASPが取り扱う成果報酬型広告を利用するのがポイントです。

広告の種類としては、クリックされるだけで収益が発生するグーグルアドセンスなどのクリック型と、上述した成約をもって報酬が発生する成果報酬型の広告の2つがあります。

それぞれ良し悪しはありますが、クリック型広告は1クリック10円~高くても100円程度で、かつ広告のクリック率は大体1%なのでアクセスが少ないブログで稼ぐのは難しいです。

また、表示される広告はGoogleのアルゴリズムで決まるため、自分が薦めたい商品を提案することが出来ないのも特徴です。

それに対してASPの成果報酬型広告は成約が条件でハードルが高い反面、狙ったターゲットに狙った広告商品を提案できるので意外と成約率は高かったりします。

ASP(広告代理店)もいろいろと種類がありますが、その中でも僕がおススメするASPはA8.netです。

広告ジャンルや広告数が豊富で報酬アップキャンペーンも多く、また全体的に分かり易くて直感的に使えるためです。

キモである自身が感じた悩みを解消する商品を広告として取り扱っていることも多いからです。(実際に僕が解決に利用した商品は取り扱っていました)

また仮に取り扱っていない場合、A8.netにはAmazonの商品を紹介できるプログラムもあるためこちらを利用することも検討してみてください。

商品ジャンルや価格自体に左右されASPが取り扱っている広告と比べると1個あたりの報酬は下がりますが、チリツモで収益を発生させることは可能です。(こちらも実証済み)

Amazonで買える商品でもない場合・・・諦めて別の悩みを解決する記事を書きましょう。(すみません!)



僕が成果報酬型広告を取り扱っているASPで利用しているのはA8.netだけです。

複数のASPを管理するのは単純に面倒というのが大きな理由ですが、特に不満は感じていません。

まとめ

ブログで稼げないと悩んでいる人は多いと思いますが、ただやみくもに記事を増やすのではなくポイントをおさえることで案外簡単に収益に繋がることがわかりました。

しっかりとターゲットを見定めて共感を持てるコンテンツにし、成果報酬型の広告へ誘導して契約してもらえると、お互いの悩みが解消するというハッピーエンドに繋がります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*