アルテッツァを購入した時の話をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初の愛車であるアルテッツァについて書いていきたいと思います。

アルテッツァのスペックや選んだ理由などをまとめたいと思います。

アルテッツァとは

アルテッツァとは、1998年~2005年まで販売されていたトヨタの2000cc FRセダンです。

FRでミドルクラスのこの車は、80年代の頃に峠を攻めていて今は落ち着いたおじさん向けに販売されたとかなんとか。(真意のほどは謎)

大きく直列4気筒のRS200と直列6気筒のAS200という2つのモデルがあります。

RS200は210馬力でAS200は160馬力と4気筒の方がハイパワーという謎仕様の車です。

私は初期モデルである1998年製のAS200(GXE-100)のZエディションというグレードの車を購入しました。

アルテッツァに決めた理由

一言で価格が安く、見た目がカッコいいからです。

今から約10年前の当時、社会人1年目でお金があまり無かったので、乗り出し50万円くらいで見た目がカッコいい車を条件に探していました。

当時車のことやメーカーの良し悪しなど全く知識が無かったので見た目一本で、ミニバンはでデカくてあまり好きじゃなかったので主にセダンやクーペを対象にネットで探していて、他に候補としてY34グロリアやEKシビックが挙がっていましたね。

余談ですが、何を買おうか迷っている時が一番楽しい時間ですよね(笑)

主にカーセンサーなどの中古車情報サイトを中心に近場で現車がある車屋を探して、一軒一軒見て回るというのを繰り返していました。



30万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』

当時バイクに乗っていて、そのバイクはネット通販を利用して離れた地域から現車確認もしないで購入してちょっと後悔したのと、初の車ということもあり「アフターサービスをお願いできる近場の車屋」という条件は外せませんでした。

1ヶ月程度探し回って予算に合う車と出会って購入したという感じです。

ドノーマルの車だったので、購入時にエアロとロービームをHIDにカスタムして、結局乗り出しは63万円と若干予算オーバーでしたが良い車が買えたと思っています。

納車

契約から1ヶ月ほどで納車され晴れて車生活がスタートしました。

免許は高校在学中の18歳で取っていて20歳の時に購入し約2年間のペーパードライバーだったので、さすがに納車時は緊張しましたね。

車屋は幹線道路に面していたため出てすぐ事故る可能性があり、自宅の駐車場も敷地の奥にあってバックで数十メートル走る必要がありましたし。

幸い事故る事なく帰宅できましたが。

さいごに

完全に日記ですが、アルテッツァを購入した時の話を書いていきました。

あれから10年経って車の事以外にも色々あったなぁと感慨にふける今日この頃・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*