激安HIDって大丈夫?激安HIDしか購入したことがない私の意見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カスタマイズの定番であるヘッドライトやフォグのHID化ですが、HIDキットの価格は数千円~数万円程度と幅広いです。

数千円の激安HIDキットしか購入したことがない私の意見を実体験の元に述べたいと思います。

結論

早速結論ですが、私は激安HIDで何の問題もなかったです。

激安HIDを用いたHID化は、アルテッツァ(ロービーム、フォグランプ)、アテンザスポーツ(フォグランプ)の2台でやっていて、いずれも5,000円未満の激安HIDキットを取り付けましたが特に問題はありませんでした。

耐久性の面で言っても、アルテッツァは3年、アテンザスポーツは半年くらい乗っていましたが、その間はノートラブルでした。

激安HIDで調べると、

  • 点かない
  • 点いたけど数ヶ月で切れた
  • ヘッドライトを溶かす

といった不安にさせるような口コミを多々見かけますが、私の実体験上では大丈夫でした。

ここでいう、大丈夫というのは点かなかった事やチラツキが全くなかったという意味ではないです。

初期不良で点灯しないHIDキットはありましたが、購入する際に後述するポイントをおさえていたことで結果的に問題はありませんでした。

激安HIDを選ぶ際のポイント

私が激安HIDキットを選ぶ際に注意した点が大きく3つあります。

値段だけで闇雲に選ばなかったため、激安HIDでも問題なかったと思っています。

  • 35wのHIDキットを選ぶ
  • 初期不良に対する保証が付いているものを選ぶ
  • 口コミを見て評価ポイントが高いショップから購入する

35wのHIDキットを選ぶ

1つ目のポイントは35wのHIDキットを選ぶです。

ワット数は消費電力(≒ライトの明るさ)のことで、HIDキットには大きく35wと55wの2種類あります。(更にw数の高いものもありますが割愛します)

ワット数 消費電力 明るさ 価格
35w 少ない 暗い 安い
55w 多い 明るい 高い

数千円で購入できるHIDキットの中にも35w、55wそれぞれありますが、あえて消費電力が少ない35wのHIDキットを選ぶのが1つ目のポイントです。

理由は上述したように35wのHIDの方が消費電力が低く、HIDキットに掛かる負荷もその分少ないためです。

HIDは仕組み上高い電流が一気に流れます。

チラついたりするのはその負荷に耐えれないからです。

また、数ヶ月で切れるといった寿命についても同様の理由で、負荷が少ない分寿命も長いということですね。

正直、激安HIDは品質が良いとは言えません

数万する高価なHIDキットと激安HIDそれぞれ分解して比較した画像をネット上でも見掛けますが、コストが掛かっている分品質が高いの当たり前の話です。

一言で背伸びしないといった感じでしょうか。

が、しかし暗かったらHIDの意味がない!と思われる方も居ると思いますが、私は35wHIDで暗さを感じたことはありません。

比較画像ではないので判断付きづらいと思いますが、参考までに35w HIDキットの写メを載せておきます。

どちらもフォグランプです。

まずは、アルテッツァ。

続いてアテンザスポーツ。

初期不良に対する保証が付いているものを選ぶ

続いて初期不良に対する保証があるHIDキットを選ぶことが2つ目のポイントです。

この保証というのは、点灯しなかったりチラツキがあった場合は新品交換してくれるという保証で、数千円のHIDキットにも保証付きの商品は多々あるので、保証があるHIDキットを購入するいうものです。

「なるべく安いものを」と値段だけで選んで、届いてみたら点かなくてそのまま粗大ごみに・・といったことが無いように、初期不良に対する保証があるかの確認はマストです。

実際に私が購入した激安HIDキットのうち点灯しなかった製品はありましたが、保証を使って代わりのものと交換してもらいました。

口コミを見て評価ポイントが高いショップから購入する

上述した保証付きHIDと関連しますが、良い口コミや評価ポイントが高いショップから購入することが最後のポイントです。

商品ページでは保証付きと謳っていても、実際は保証してくれなかったり、「交換には数週間掛かる」などといってごねて泣き寝入りさせるショップもあるためです。

購入前にきちんと調べて、口コミが高い実績と信頼があるショップ(保証を利用した場合の対応に関する記載があるとベスト)から購入するのがポイントです。

取り付け時の注意点

これは激安HIDに限らない話ですが、取り付ける際は必ずHIDバルブの空焼きをしましょう。

空焼きとはHIDバルブの表面に付着している汚れや油分を焼き切る作業で、この作業を疎かにすると、バルブ表面の汚れが気化してライトの内側に汚れがこびりついて曇ってしまうことがあります。

空焼きの手順は簡単で、ライトに装着する前にHIDライトを点灯させてしばらく放置するです。

大体10分程度空焼きすれば十分かと思います。以下が空焼き中です。

空焼きする際の注意点としては下記3つで、細心の注意を払ってください。

  • 直視しないこと
  • バルブが地面や配線に触れないようにすること
  • 空焼き後のHIDバルブは非常に高温になっているので、十分に冷やすこと

おススメする激安HID

もし私が現時点でHIDキットを購入するとしたら下記のどちらかにすると思います。

まずは値段と口コミ重視のHID。

続いて若干高い(といっても安い部類)ですが、ショップの信頼性が高いのでこの製品も候補になりますね。

バルブの形状やケルビン数(色味)は、自身の車に合うものを購入してください。(間違ってそのまま購入しないでください)

リンク先のアマゾンでキーワードに指定して検索すれば簡単に見つけることが可能です。

例えば、XZONEのバルブ形状がHB4で8,000ケルビンのHIDキットが欲しい場合は、「XZONE hb4 8000k」で検索するとヒットします。

さいごに

激安HIDについて私の実体験に基づいていろいろと書いてみました。

賛否両論あるかと思いますし、激安HIDを選ぶ際は自己責任でお願いします。

そんな私は今後も激安HIDにお世話になり続けるつもりです。(LEDにも興味があったり・・)

最近購入したBMW E92にもいずれは激安HIDを取り付けようと考えていいます。外車は警告灯など国産と比べて面倒なイメージがありますが、それを払拭できたらと思います。実際に取り付けたら、HIDキットを購入したショップや手順などブログにまとめたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*