クーペタイプの車を購入する際に注意すべき2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クーペタイプの車を購入する際に注意すべきことが2つあります。

私が実際にクーペタイプの車に乗ってみて感じたことなので、購入を検討されている方は購入前に確認しておくことをおススメします。

はじめに

クーペは車のボディタイプの一つで、車の真ん中あたりに前席がある2ドアタイプのスポーティーな車です。

後席がある4人乗りの車も後席がない2人乗りの車もあります。

私が購入したBMW E92もクーペなのですが購入してから気づいたことが2つあるので、クーペタイプの車を購入しようと考えている方は参考にしてみてください。

クーペタイプの車を購入する際に注意すべき2つのこと

車の全高が低い

1つ目は車の全高が低い点です。全高は車自体の高さのことですね。

車内の空間が狭いので座った時の天井までの距離が近いので、身長が高い方は特に圧迫感を感じるかもしれません。

あとは、試乗の時や車の現車確認時には気づきにくいのですが、全高が低いので他のボディタイプの車と比べて車の乗り降りがしづらいです。

試乗の時や車の現車確認時は頻繁に乗り降りしないのと、駐車場のように数十センチ横に別の車があるような狭いスペースで確認できない場合も多いので、乗り降りのしづらさは購入した後に気づく事が多いと思います。

クーペはドアが大きい

2つ目はドアが大きい(長い)点です。

ドアが大きいので1つ目の全高が低いのと同様に、車の乗り降りがしづらいです。

隣に車がある駐車場などではドアを全開にできずちょっとしか開けれないので、体を細めて狭い隙間から乗るような感じになります。

あとはドアが大きいのでドア自体も重くて、特にちょっとだけ開きたい場合は意識していないとドアの重さで持っていかれることもありました。

隣の車のドアにぶつけてしまいそうになるので注意が必要です。

さいごに

車の乗り降りのしやすさって意外と見落としがちなので、クーペタイプの車の購入を検討されている方はこのあたりも注意してもらえたらと思います。

私は購入した後に気づいたので正直不便だなぁとは思っていますが、その分洗車の時に天井を洗うのは楽ですしカッコいいのでそこまで気にしていません!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*