簡単に断酒をする方法は明確な目標や目的を見つけることだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日多量の飲酒をしていた僕が断酒に成功しました。しかも簡単に。

断酒に成功した実体験を基に断酒に必要なことについて書いていこうと思います。

毎日1.5リットル以上の飲酒

僕はお酒が大好きで断酒前は毎日晩酌していました。

種類はビール(発泡酒)、日本酒、ハイボール(チューハイ)などなど、仕事の帰りにスーパーに寄ってその日の気分で選ぶという感じです。

問題は飲酒量で、最低でも500ml缶3本は飲んでいて、飲み切った後にまだ飲み足りなければ更にコンビニで1~2本追加で買って飲むという・・

そんな生活を365日毎日続けていました。飲み会で飲み過ぎて2日酔いの日でも飲んでましたし、もはやアル中と言っても過言ではないレベルですね。

毎日これだけ飲むようになったのは、きっかけは仕事のストレス発散だったのですが、少しずつ飲酒頻度や飲酒量が増えていきそんな生活が続いたことによって習慣化してしまったからです。

毎日夕方~夜になるにつれて体がお酒を欲するようになるんですね。

過去に断酒に挑戦したが失敗した

年齢も30歳近くになり毎日多量の飲酒をしてきたせいか下っ腹が気になるようになり、ダイエットと節約のために何度か断酒に挑戦したことはありました。

が、結局2~3日で耐えられなくなり飲酒生活に戻るというあるあるなパターンに。

仕事のストレスに加え「お酒飲みたいけど飲めない」ストレスも重なりもうやってらんねぇと・・

改めて断酒生活をスタートし成功

8月の半ばから改めて断酒生活をスタートし大体2週間経ちましたが、今のところ成功していますし今後も継続できると感じています。

今まで断酒に失敗していたのに今回成功した理由は明確で意識の高い目標を持ったからでした。具体的には「独立して起業」です。

今までの断酒は「ダイエット」や「節約」が目標ではあったのですが、「すぐ痩せれるでしょ」、「別にデブじゃないし」とか「節約するほど困ってないし」と目標に対する意識が低く、最悪達成できなくても良いやと考えていたので全然本気じゃなかったんですよね。

今回の「独立して起業」という目標はマジで実現したい目標なので、今までと比べ意識レベルが全然高く、しかもずっと保ち続けれるものでもあります。

だから2週間以上断酒に成功していますし今後も成功できると感じれるんです。

ちなみになぜ起業という目標が断酒に結びついたのかというと、普段サラリーマンをやっているので起業に向けた準備をする時間がなくて、

  1. 「日々の生活の中で削れる時間は無いか?」
  2. 「酒飲んで酔っぱらってる時間無駄じゃね?」
  3. 「これ削れるじゃん!」

とこういう感じで案外自然に結びつきました。

断酒するには明確な目標、目的が必要

前述したように今までは薄っぺらい目標や意識で断酒にチャレンジしていたからすぐに失敗したんですね。

逆に断酒をするために明確で、意識が高く、効果やメリットも大きい目標や目的が立てられれば成功できると考えています。これは断酒に限らなく様々なことに言えますが。

僕の場合の飲酒など日々習慣化されたものは体に染みついているので変えることが難しいです。僕と同じように止めようとすることがストレスになったりしますし。

そんな人はそれ以上にメリットの大きい、効果の高い、夢中になれる何かを見つけましょう。

それだけに夢中になれるので自ずと潜在意識の中から習慣化されたものが薄れていき外れていくと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*