アメリカの雇用統計2017年9月発表!為替は円安ドル高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
投資

アメリカの雇用統計2017年9月分が先ほど10月6日の21時30分頃にありました。

速報でまとめています。

アメリカの雇用統計2017年9月発表

2017年9月の雇用統計が、つい2時間ほど前の21時30分頃に発表されました。

雇用統計はアメリカの景気に直結する重大な指標ですが、農業分野以外の就業者数は前の月と比べて3万3000人の減少となりました。

がしかし、失業率は4.2%と低い水準をキープしています。

就業者数の減少は先月のハリケーンの影響による一時的なものという見方が強く、今後は雇用情勢は上向きに行くと予想されているそうです。

為替は円安ドル高に

雇用統計はFXをやっている人にとってはお祭りとも呼べるほど為替に影響があるものです。

と偉そうに語る僕はFX歴2週間とペーペーも良いところなのですが、実際発表された直後は円安ドル高でお祭り騒ぎでした。

21時31分(発表から約1分)で20銭円安ドル高です。

雇用統計2017年9月発表直後の為替相場

このグラフの伸び率は興奮しますよね!

それから20分後の22時頃は多少落ち着いてきた感じはありますがそれでもこのグラフです。

雇用統計2017年9月発表30分後の為替相場

それから更に40分後の22時40分頃のグラフではジリジリ上がっていることがわかります。

雇用統計2017年9月発表60分後の為替相場

ということでハリケーンも何のその! 2017年9月の雇用統計の発表は円安ドル高をもたらしてくれました!

2日前にドルを買ってこの2日間で徐々に下がっていて、損切りできずに残高もテンションも下がっていた僕を救ってくれました(笑)

FXは面白い

FXを始めてまだ2週間ですが、為替の値動きを見ているだけでも面白いですし雇用統計という存在を発表前日に知った僕でも見事1万円ちょっと稼ぐことが出来ました。

グラフにあるように発表されてからも値動きが激しいので、逆を予想していてスタートダッシュに遅れても十分取り返すチャンスはあると感じました。

実際ちょいちょい利確しつつ買ってましたし。ドケチ(笑)

元々は違う目的でFX口座を作ったのですがやってみると案外面白いので、お金に余裕があってFXに興味がある方はぜひトライしてみてください。

ちなみに、更に1時間ちょっと経過した今現在の相場は、、写メの通りマイナスになっています。

雇用統計2017年9月発表2時間30分後の為替相場

つまりうまくいけばガツンと上がる時とガツンと下がる時のダブルで収益を狙えるけど、ミスるとダブルでお金を持っていかれるということです。

相場が熱くなるときこそほど利食いと損切りの徹底が重要だと改めて感じました。

まとめ

9月の雇用統計発表の結果、為替は円安ドル高に進みました。

が、短期的に熱くなった後1~2時間のうちに冷めて雇用統計発表前の為替相場になっています。

僕は1万通貨で取引しているのとビビッて早めに利確するため「すげー」と言われるほどの成果は挙げれていませんが、一瞬来た波に乗りこの1時間ちょっとで1万円以上プラスにすることが出来ました。

それに対し、最後の写メのように利確と損切り出来ずにズルズルいってしまう人は多く、プラスどころかマイナスになってしまう人も少なくないです。(2日前の僕のように・・)

僕的には、FXはスマホでも簡単にできる資産運用なのと、嫌でも経済のことを勉強するようになるので社会人の人にはおススメできる資産運用だと思います。

僕がFXをやり始めたこの2週間で感触というか雰囲気や成功する人、失敗する人の感覚もわかった気がしたので、これからの投資生活に生かしていこうと思います。

とりあえず来月の雇用統計に向けて勉強します(笑)

僕が使っているFX口座

僕はいくつかFX口座を使っていますが、DMM.com証券をメインに使っています

理由としては、

  • スプレッドが0.3銭と安い
  • スマホでも取引ツール(スーパーボリンジャーなど)が豊富
  • 国内人気No1

です。

詳細は別途ブログにまとめたいと思いますが、スマホだと取引ツールがショボい証券会社が多いのに対し、DMM.com証券はスマホでもスーパーボリンジャーやスパンモデルも利用できます。

FX界隈で有名なマーフィーこと柾木利彦(まさき としひこ)さんも推奨するツールが利用できるので、スマホでの取引も安心です。

FXに興味がある、貯金も増えて資産運用を考えているという方は、FXを検討してみては如何でしょうか?

DMM.com証券は初回入金額や一定の取引数量が必要ですが、最大20,000円のキャッシュバックも受けれるためリスクも低いと感じます。(僕もガンガン運用しています!)



DMM.com証券 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*