株は難しい。無知で株を始めたら結果25万円負けてしまった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無知で株を始めたら25万円負けてしまいました。負けた理由が理解できず本当に株は難しいと感じた話です。

株を始める際は気を付けてください。

投資信託で楽に稼げたので株にも手を出した

僕は約9年前の社会人2年目の頃から投資信託をやっています。自身初となる資産運用でした。

元々は始めたきっかけは銀行に預けていても利息が安くて旨みが感じられなかったためです。

そんな時に投資信託という資産運用を知り、「プロの投資家が運用するなら楽だしリスクも低そうじゃん」と安易に始めました。

軽い気持ちで始めた投資信託ですが、アベノミクス効果が大きいですが結果的に通算で10万円以上の利益を得ることが出来たのです。銀行の利息と比べると何百倍だっていう。

その時の話は以下の記事にまとめているので興味のある方はあわせてご覧ください。

無知で始めた投資信託で10万円以上儲けた話 

今からちょうど半年前に、「お金を出しているだけの投資信託はつまらないなー」というのと、「東京オリンピックがあるから景気良くなるじゃない?」と感じ、自分で運用する株に挑戦したわけであります。しかも無知で。(余剰金の範囲内だったからですが)

幸先は良くて放置で1万円程度利益が出ていた

株の選び方も結構適当で、「株 上がりそう」といったキーワードでググってヒットしたブログで紹介されていた会社の株を買うというものでした。

多く買いたかったため紹介されていた銘柄の中でも100円以下の安い株を中心に買い集めました。

元々東京オリンピック間際までの長期保有を考えていたので、株を購入したら後は放置でしたがそれでも3か月で1万円以上の利益が出ていました

「楽勝じゃん」と思って調子に乗って株価が安い会社を中心に150万円分くらい株を買い増しました。

四半期決算が好決算だったにも関わらず株価を大幅に下げた

この頃から完全放置ではなく株の勉強も少しずつ始めていて、「四半期決算で好決算だったら株価が上がる」という情報を得ていたので各会社の四半期決算を楽しみにしていたんです。

そして事件は起きます。

四半期決算で計画の利益60%増という驚異的な業績を残した会社の株価が大幅に下がる事件が起きたのです。

その会社の決算IRは株式取引が終わった15時に発表されました。

早速四半期決算資料を確認すると”計画比+60%”とあり内心「明日はお祭りだぞ!」と勝利宣言をしていたのですが、翌日取引が始まってみると開始こそ多少上がったもののそこから下がる一方だったのです。

その結果がマイナス25万円というものです。

その会社の株価は以前より適正価格よりもかなり割高の株だということは把握していたのですが、好決算の直後に下がることはないでしょうと。もはや理解不能です。

割高なのであればもっと前から下がっているのが普通だと考えますよね。なんでこのタイミングで下がるんだよと。。

この損失をきっかけに株は難しいと感じて一旦株から離れることを決意しました。

今はすこしずつ手放している最中です。

さいごに

今回25万円という損失を発生させ株から一時撤退を決意したわけでありますが、いずれはきちんと勉強してまたやってみたいとは思っています。

余剰資金とはいえ25万円は大金なのでかなりショックです。

無知で始める人は居ないと思いますが、好決算でもガッツリ株価が下がる株があることも頭の片隅に入れてもらえたらと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*