パソコンをリノベーション(カスタマイズ)したらすごく快適になった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコンをリノベーション(カスタマイズ)したらすごく快適になったのでその時の話を紹介します。

パソコンについて

まずはリニューアルするパソコンについて書いていきます。

PCスペック

今回リニューアルしたパソコンは、3年程度前に某オークションで購入した自作のデスクトップパソコンです。

詳細なスペックは以下の通りです。

  • CPU:Core i5 2500S
  • メモリ:4GB (2GB × 2枚)
  • ディスク:HDD 2TB
  • CDドライブ:DVDスーパーマルチ
  • グラボ:GTS250

不満一覧

不満の一覧です。2つだけw

  • とにかくうるさい
  • メモリ不足

とにかくうるさい

購入当初は静かだった記憶があるので経年劣化でしょうか。

ガリガリ、ガーガー・・とにかくうるさいので、日々イライラしていました。

発生元はグラボとHDDで、特にグラボは別の部屋に居ても聞こえてくるくらいの騒音を発生させていました。

メモリ不足

このパソコンはWebアプリケーションやAndroidアプリの開発に使用していました。

特にAndroidアプリ開発の経験がある方はわかると思うのですが、メモリ4GBではAndroidStudioを動かすだけで使い切ってしまうくらいです。

騒音被害の食い止めとあわせて改善しようと決意しました。

カスタマイズ一覧

今回のカスタマイズというかリニューアルのコンセプトは「静かでメモリに余裕のあるパソコンに生まれ変わらせる」でした。

これを踏まえ、以下3つを行うことにしました。

  • グラボの排除
  • メモリを4GB→8GBへ増量
  • HDD→SSDへの換装

グラボの排除

ゲームや負荷が掛かる動画編集などの用途ではないので、そもそもグラボ無くても良いんじゃない?という結論に至り、思い切って排除しました。

騒音の発生元だっただけに、これだけでかなり静かになりましたね。

必要になったらPCショップを巡って中古品を搭載しようと思います。

メモリを4GB→8GBへ増量

私が使用しているパソコンはチップセットが古いため、最大でも8GBしか積めません。

デュアルチャネルには対応しているので4GB x 2枚にするか8GB x 1枚にするか悩みましたが、今後PCを買い替えるケースも考えて8GB x 1枚にしました。

デュアルチャネルまたはデュアルチャンネルは、広義には同一の規格の通信インターフェイスを二重に備えること。狭義としてはパソコンに搭載されているランダムアクセスメモリ(RAM)の規格において、DDR SDRAM、DDR2 SDRAM、DDR3 SDRAMに対応したマザーボードを用い、メモリとノースブリッジ間(メモリバス)のデータの転送速度を二倍に引き上げる技術である

HDD→SSDへの換装

HDDの書き込み音から逃れるにはHDDから逃れるしかないということでSSDにしました。

SSDの利点は下記の通りです。Wikipediaからの抜粋です。

・シークタイムがないためランダムアクセス性能に優れる
・物理的な稼動箇所がないため省電力、動作音がしないので静か
・物理的な稼動箇所がないためHDDよりはるかに振動・衝撃に強い

HDDがなぜガリガリ言うのかというと、そのままですが物理的なディスクにガリガリ書き込んでいるからです。

これに対してSSDはSDカードなどと同じフラッシュメモリを用いているので、物理的にガリガリ書き込むことがないため静かなのです。

SSDはTranscendのものにしました。SSDも最近では安くなりましたね。

このSSDに決めた理由は、Amazonのレビュー評価が高い点と、3.5インチサイズへ変換するブラケットが標準で付いている点です。

以前と比べて安くなってきているとはいっても256GBであれば1万円は超えるのできちんとAmazonのレビューを確認しました。

元々SSDもHDDを取り付けるスペースに入れようと思っていたので、3.5インチへ変換するブラケットが必要です。

汎用品もあるのですが、初めてのSSDということもあり安心を買うという意味でもブラケットが付属しているこの商品にしました。

さすがに純正のブラケットなだけあってフッティングは完璧で、HDDスペースにもきちんと固定できています。

元々利用していた2TBのHDDは新規ドライブとして再利用することにしました。

破棄するのはもったいないのと常にディスクアクセスするシステムドライブでなければ気にならないかなと思っていたためです。

気になる効果は

今まであれほどガリガリうるさかったパソコンが、見違えるほど変わりました。

システムドライブのCドライブはSSDのためHDD特有のガリガリ音は一切せず、新規ドライブにしたHDDもこのドライブに格納したデータにアクセスしなければ静かです。(当たり前)

また、システムドライブがSSDに変更するのでOSの再インストールやWindowsUpdateも必要でしたが、これら作業がまとめて1時間以内で完了してしまいました。

HDD時代は一日掛かりの作業でしたが、SSDの効果はこんなところにも影響を与えてくれました。

最後に

やろうやろうと思っていたパソコンのリニューアルですが、期待以上の効果をもたらしてくれました。

もっと早めにやっておけば良かったな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*