保険料の節約に!車の任意保険の見直しでチェックすべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

車の任意保険は契約してからはあまり意識しないと思いますが、定期的に見直すことで保険料の節約に繋がります。車の任意保険の見直しで必ずチェックすべきポイントをまとめたいと思います。

はじめに

車に乗っていなくても払い続ける車の任意保険ですが、初めて契約する時は細かい補償内容までチェックすると思いますが、契約してからはあまり意識せず何年もそのままという方も居るのではないでしょうか。

保険料の節約に繋がることも多いので、少なくとも1年に1回は保険会社や補償内容の見直しを行ってみてください。また、その中でも必ずチェックすべきポイントを紹介したいと思うので参考にしてみてください。

チェックすべきは運転者年齢条件と車両保険

補償内容すべて見直すのは面倒と感じる方も多いと思います。そんな方でも最低限、運転者年齢条件と車両保険は必ずチェックすることをおススメします。

運転者年齢条件

まず運転者年齢条件とは、補償の対象となる運転者の年齢を21歳以上、26歳以上、35歳以上に限定することにより保険料が安くなる特約で、運転者の年齢条件は年齢が高いほど保険料が安くなります。

車が無いと生活できないような地方に住んでいる方は、若いうちからそれこそ高校卒業と同時に車に乗ってる方も居ると思いますが、そういった方は年齢条件なし(全年齢補償対象)で契約されていると思います。

この年齢条件なしの場合、年齢条件ありと比べ任意保険料が割高になり、年間で10万円以上変わるケースもあるくらいです。

保険料の見直しを行わないで年齢条件を適用できる年齢になっていても、年齢条件をなし(全年齢補償対象)のまま契約し続けていたといった事があると非常にもったいないです。

なぜなら運転者年齢条件は、特に年齢条件なしから21歳以上補償に変更する場合21歳以上補償から26歳以上補償に変更する場合に、保険料が数万円ガクンと安くなることが多いためです。

21歳、26歳の誕生日を迎える年の方はあらかじめ意識しておいて誕生月を迎えたらすぐに補償内容の変更手続きを行うことをおススメします。

また、地方あるあるかもしれませんが、子どもが運転するケースを考えて親世代の方でもあえて年齢条件なしで契約されている方が多いと思いますが、そのような方は子供の年齢を忘れずに覚えておいてください。

子供の年齢を忘れていて年齢条件なしのまま契約し続けていることもあるからです。

実際私の母も、私たち兄弟が母の車を借りることも考慮して年齢条件なしで契約していましたが、そのまま数年忘れていて割高な保険料を支払い続けていたそうです。

理由がない限り、運転者年齢条件はなるべく補償対象年齢が高い条件を適用しておきましょう。

車両保険

次に車両保険ですが、特に初めての車購入で、かつ中古車を購入された方は要チェックだと思います。

初めての車の場合は特に「ぶつけたらどうしよう」と不安になって車両保険に加入するケースが多いと思います。

車両保険といっても自損事故(家の駐車場で擦った)やイタズラなどでも補償される一般型と、相手がいる事故の時だけ補償される限定型の2つあり、運転経験が少ない方は前者の一般型にされているかと思います。

1年間乗り続けて運転にも慣れて余裕も出てきたなぁと感じるのであれば、車両保険を一般型から限定型へ変更したり、10数年ぐらい前の車であれば車両自体の価値も低くなっていて、それに引きずられて補償額も少なくなっているので、いっそのこと車両保険を外すことも視野に検討してみてください。

料金シミュレーションを行えばわかりやすいのですが、車両保険の有無、一般型と限定型の違いで保険料が万単位で変わるので、保険料の節約に非常に有効です。

保険会社の見直しも有効

運転者年齢条件や車両保険といった細かい補償内容の見直しも有効ですが、保険会社自体見直すのも保険料の節約に効果的です。

仮に、任意保険契約当時はXXX損保が一番安くてサービスも充実していたとしても、保険会社それぞれ定期的に保険料や付帯サービスなどを見直しているので、今現在はYYY損保の方が良いといったこともあり得るからです。

保険会社の見直しを簡単に行う方法としては、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが一番です。

インターネット上で無料でかつ、メジャーな保険会社の中から今現在一番お得な保険会社を簡単に調べることができるからです。

私も見直す際は一括見積サービスを利用しています。

価格.com 自動車保険

さいごに

自動車保険は1年単位の契約で毎年更新時期になったらハガキが保険会社から送られてきますが、意外と見落としがちで補償内容の見直しも忘れがちです。

保険会社の見直しや補償内容の見直しで数万円の保険料節約に繋がるケースもあるというのを意識しておくと良いと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*