ブルカミア水槽にかねだいで購入した水草とエビを投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はブルカミア水槽にかねだいで購入した水草とエビを投入した話を書いていきます。

かねだいとは関東近郊に展開している安さで定評な店舗型のペットショップで、アクアリウム関連の生体や用品が豊富なお店です。

通販で有名なCharmさんにも負けないくらい安いので、近場の方は足を運んでみてください。

投入した水草とエビ

まず水草ですが、価格が安くて育成が簡単な初心者向けという条件で探して、もちろんCo2添加も不要なものにしました。

スクリューバリスネリア

一つ目はスクリューバリスネリアで、丈夫でランナーで増える後景草になります。

以前の水槽でも植えていましたが、水槽中至るところに侵略していくので放っておいたらすぐに水槽内を埋め尽くしてしまいます。

適度にトリミングする必要がありますが、成長が早いので富栄養対策にも有効な水草です。

価格は2束で198円+税と安くて状態も良さそうです。

ピグミーチェーンサジタリア

2つ目の水草はピグミーチェーンサジタリアです。

こちらも丈夫でランナーで増える前景草の一つで、スクリューバリスネリアほどの勢いはないもののちょっとずつ増えていく印象を持っています。

5本で200円+税でした。

メダカのオアシス(マツモと浮草数種類)

3つ目はメダカのオアシスなるマツモと浮草数種類のセット品です。

浮草の詳細は割愛しますがいずれも育成が簡単な水草で、特にマツモ神様は神様と呼ばれるだけあって丈夫で成長も早く、富栄養対策になるので水槽を立ち上げる時はお世話になっています。

価格は598円+税でした。

容器のサイズは直径10センチくらいでしょうか。

ミナミヌマエビ

続いてエビですが、ミナミヌマエビを10匹ほど購入しました。

ブルカミア水槽は30センチキューブのハイタイプなのでちょうど良いかなと思っていたのですが、よくよく数えてみると20匹くらい入っていて、更に抱卵個体も数匹居るので大爆殖の予感がしています。

価格は398円+税でした。

エビの水合わせ

ミナミヌマエビの水合わせを点滴法でしていきます。

ビーシュリンプといった水質に敏感なエビでなくても、点滴法で水合わせするとしないとでは☆になる確率が全然違います。

まず、バケツにエビを入れます。

水合わせ中は均一に混ぜるためにエアレーションをしておくと良いです。

水合わせをします。

チューブ自体を折り曲げて調整する方法もありますが、私は楽なのでコックを付けて絞って調整する方法でやっています。

1秒1滴くらいから始めて水がある程度溜まったら捨てていきます。これを繰り返して導入する水槽の水の割合を徐々に増やしていきます。

2時間程度やったら点滴のスピードを早めます。1秒2滴くらいでしょうか。

これまた2時間くらいやったら水合わせ完了で、エビや水草を水槽に投入していきます。

完成

こんな感じになりました。(水作は気にしないでください)

ピグミーチェーンサジタリアは前の方に植えて、スクリューバリスネリアは奥に植えました。

ガンガンランナーを出して増えていってほしいですね。

エビさんもきっちり水合わせしたので投入直後からツマツマしています。

こちらもどれだけ増えるか楽しみですね。

さいごに

今回はブルカミア水槽に水草とエビを投入した話を書きました。

ちょっと前からYoutubeをやり始めていてこの話も動画にしていますので、こちらも見てもらえたらと思います。

やる気にも繋がりますので、ぜひチャンネル登録お願いします!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*