お金とは何?誤って認識しているお金に関する基本的なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お金

どうも、こんにちは。

今回はお金とは何なのか、お金に関する基本的なことを学んだのでまとめたいと思います。

僕と同じように誤って認識している方は多いと思うので参考にしてみてください。

お金に関する誤った認識

お金は汗水垂らして稼ぐもの

学校で勉強をして良い会社に就職して朝から晩まで汗水垂らして仕事をして得るものがお金と考えている人が多いですがこれは誤りです。

お金の稼ぎ方には3つあります。詳細は下記の記事にまとめているのであわせてご覧いただければと思います。

お金を稼ぐ3つの方法を学んだので自分なりに考えてみる

この3つのお金の稼ぎ方を踏まえると、お金はビジネス、もしくはお金に働いてもらって稼ぐものという認識が正しいです。汗水垂らして稼ぐものではありません。

その理由は、自分が働く労働収入では自分の時間を犠牲にしているので手を止めたらお金が入ってこなくなるのと、1日24時間と限られている中では頭打ちになってしまうからです。自分一人しか動けないので効率が悪いんですね。

お金持ちは悪いことをしている

お金持ちは悪いことをして稼いでいると思いがちですがそれは誤りです。(法に触れるような詐欺などで稼いでいる人は除く)

大抵のお金持ちは、製品を作って世の中を便利にしたり、会社を作って社員を雇用して生活を支えていたり、フランチャイズなどビジネスモデルを公開して他者でもそのビジネスを活用できるなど、世の中に貢献している人ばかりです。

元々何もない無の状態から有を作って築き上げ、世の中に貢献した功績がお金となって還元されていると考えると腑に落ちると思います。

良い車に乗ったり大豪邸に住んだり表の部分だけに目が向きがちですが、その裏の部分というかその生活に到達するまでのプロセスを考えてみると納得できるはずです。

自分がお金を受け取ると誰かが損している

自分ばかりお金を貰って申し訳ないと感じる人が居ると思いますがこれも誤りです。

お金とは社会への貢献度合いによって報酬として受け取るもので、受け取るお金以上の価値を社会に与えているので誰も損していません。

社会(他者)もより良くなっていくのでWIN x WINの関係なのです。

お金に限りがある

財布の中身にあるお金とか銀行に預けている預金だけをお金と認識し、「あとXX円しかない」と限りがあると思っている方は多いですがこれも誤りです。

自身の中にあるアイデアや思考が他者への貢献に繋がり、その結果がお金となって還元されてくるのでアイデアや思考こそがお金と言えます。

そのため考えることを止めなければお金に限りはなく無限にお金を生むことができるのです。アイデアや思考をお金に変えるものがビジネスでもあります。

お金とは

では、お金とは何か?と考えてみると前述した説明をまとめて以下のように定義することが出来ます。

お金とは、

  • ビジネスやお金に働いてもらって稼ぐもの
  • 他者へ貢献することで手に入るもの
  • 他者への貢献度合いが大きければ大きいほど入ってくる量も増えるもの

稼げない人の多くは自分の事だけしか考えていないから稼げないんですね。

ビジネスは「ギブ&テイク」、「等価交換」と思っている人も少なくないと思いますが、「ギブ&ギブ&ギブ」くらいの気持ちでやらないとうまくいかないと聞きますし。

さいごに

今回は誤って認識しがちなお金の基本的なことについてまとめました。

僕も自分のことだけ考えていたり利益を独占したいから周りに公開したくないといった気持ちを持ったことはあるので、ギブ&ギブ&ギブを思い出して行動していきたいと感じました。

おしまい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*