新聞奨学生って一日何部くらい配るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元新聞奨学生の私が、実際に配達していた新聞の部数を紹介します。

新聞の配達部数は環境によって様々

結論としては新聞奨学生が配る新聞の部数は、お店や環境によって様々です。

自転車で配るエリアもあれば、おなじみの原付バイク(スーパーカブ)を使って配るエリアもあり、他にも一軒家とマンションの比率や、販売店から配達エリアまでの距離など様々な要因もあるため、部数では一概には言えません。

これで終わってしまうとつまらないので、私の場合はどうだったのかを紹介しようと思います。

筆者の場合

あくまで参考レベルですが、私の場合を紹介します。

バイクで配達

私のエリアはというか所属していたお店は全てバイクで配っていました。

当たり前ですが一人一人別々のバイクを使って配っていました。

さすがに専用のバイクはなくてシェアして使っていましたが、特に不満はなかったですね。

以前は自転車で配っていたエリアもあったらしいですが、チャリ配達だと体が休まるときがないので自分には無理ですね(笑)

配達部数

気になる配達部数ですが、朝刊で350部~400部弱、夕刊で200部~250部くらいを配っていたと思います。

朝刊は大体朝の3時から配り始め、朝6時前くらいに終わっていたと思います。

夕刊は夕方の15時過ぎ~18時前くらいまでの間で配っていましたね。

私の配達エリアは割ときつい方だったらしく、結構走らないと時間内に配り切れなかったです。

最初はめっちゃ疲れていましたが、慣れは怖いもので2か月目辺りからは平然とこなせるようになっていました。

他のエリアは?

私が所属していた販売店は大体平均化されていて、朝刊で350部前後、夕刊で200部前後だったと思います。

エリアによっては坂が多かったり、マンションが少なくて1部1部の配達コストが高かったりと多種多様だったと思います。

他の販売店の正確な情報はわかりませんが、300部しか無かったり、500部以上あったりと、店単位のエリアでも様々だったと記憶しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*