雑記ブログを実際にやって感じたメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブログ

雑記ブログを実際に運営してみて感じたメリットとデメリットをまとめたいと思います。

どちらの雑記ブログと特化型ブログのどちらにすべきか悩んでいる人は参考にしてみてください。

ブログの種類は2つある

ブログには大きく雑記ブログと特化型ブログの2つがあります。

雑記ブログとはジャンルが定まっていない所謂ノージャンルのブログのことで、特定のジャンルに絞らず多種多様なジャンル、カテゴリの記事から構成されているブログのことです。

ごちゃまぜブログと表現されることもありますね。

それに対して特化型ブログとはジャンルを一つに絞った、そのジャンルに特化した専門的なブログを指します。

雑記ブログと特化型ブログのメリット、デメリットを紹介する記事はたくさんあって、書かれている内容も様々です。

ただ、記事の方向性としてはそれぞれのブログで

  • どちらが稼げるのか
  • どちらがアクセスを集めやすいのか
  • どちらが運営しやすいのか

のいずれかが多いです。

賛否両論だったので実際にやってみようということで、「稼げない」、「アクセスを集めにくい」といった結論が多かった雑記ブログを実際に運営してみて感じたメリットとデメリットをまとめてたいと思います。

雑記ブログをやって感じたメリット

書くネタに困らない

やっぱり雑記ブログは特化型ブログと比べて書くネタに困りません。

ブログは毎日更新が当たり前と言われている人も多いですが、これは更新頻度が多いと検索エンジンからクロールされる頻度が増えてインデックスされるのが速くなったり、また訪問者が自分のブログのファンになってくれやすいというメリットもあります。

特化型ブログの場合、初めは「1日1記事くらい余裕でしょ」と思っていても、日々運営していくにつれて書くネタが尽きて更新ペースが下がることは結構あります。

ニッチなジャンルやキーワードが発見できる

雑記ブログはジャンルが決まっていないので色々なジャンルやキーワードでブログを書いていくことになります。

その結果、意外なジャンルや特定の記事にアクセスが集まることが多いので、将来性のあるニッチなジャンルやキーワードの発見にも繋がります。

実際に僕も「こんな記事がアクセス集めているの?」と気付かされたことは多々あります。

そういったジャンルやキーワードが発見できるとアクセスアップに繋がる戦略が立てれます。

単純にそのジャンルやキーワードを狙って記事を増やしていくことでアクセスアップも期待出来ますし、書くネタに困らないくらいの知識や経験があるのであればそれを特化型ブログに切り出すことも可能です。

リスクヘッジになる

ノージャンルなので、仮にジャンルAは全然人気がなくてアクセスされないけど、ジャンルBは結構人気があってアクセスも多く、結果ブログ全体のアクセス数が悪くないということがあったので、リスクヘッジになるのもメリットだと感じました。

初めから特化型ブログをやってそれが人気がないジャンルだと、アクセスが一向に増えない→モチベーションが下がる→更新頻度が下がる・・閉鎖といったこともあり得ます。

毎日更新して何か月経ってもアクセス0だと萎えますよね・・(さすがにそんなことはないと思いますが)

雑記ブログをやって感じたデメリット

書くネタに困る

書くネタが次々に思い浮かぶので「あれも書きたいけど、これも書きたいな」と、逆に書くネタに困ってしまうことがありました。

記事を書いている最中も別のジャンルの記事のことを考えて集中できない時もあり、その結果内容が薄っぺらくなることもあります。

とりあえずこの記事はこれくらいにして別の記事を書こうと思っちゃうんですね。

カテゴリが増えて管理が面倒

次々にネタが出てきてジャンルもバラバラなため、ある程度記事が増えたらカテゴリを作ってまとめているのですが、そのカテゴリがどんんどん増えていきます。

自分でも何のカテゴリがあるのか把握しきれていませんし、トップメニューに全てのカテゴリを入れることも出来ないのでブログの見せ方も悩みどころです。

今はサイドメニューに全カテゴリが表示されていて、自分でも縦長で見づらいと感じています。(カスタマイズすれば良いだけの話ですが・・)

結局特化型ブログと雑記ブログどっちがいいの?

人それぞれで好きな方をやれば良い

結局継続できないと意味ないので、自分の好きな方(やり易い方)で良いと思います。

また、ブログを運営する人によって方向性は変わっていくので、本人は雑記ブログだと定義していても特定のジャンルの記事の割合が多く特化型ブログみたいになっていくこともあります。

ちなみに、もし僕が今の知識のまま初めてブログをやるとなったら雑記ブログにしますね。

色々なものに興味があるので(浮気性なので・・)、雑記ブログの方が書きやすいと感じているためです。

雑記ブログは小さい特化型ブログの集まり

雑記ブログは小さい特化型ブログの集まりだと思っていて、ジャンル毎に独立した特化型ブログが1個のブログに集まっただけとも考えることが出来ます。

実際に、検索エンジンから流入してその記事を読んだ後に同じジャンルの記事が読まれていることもあり、これは特化型ブログのメリットとしても挙げられる特徴なので、あえて雑記ブログとか特化型ブログとか区別する必要ないんじゃない?と思えるようにもなりました。

まとめ

雑記ブログを運営してみて感じたメリット、デメリットをまとめてみました。

僕自身は特化型ブログもやってみたいと思いつつ、しばらくは雑記ブログメインでやっていくつもりです。

アクセス数も少しずつですが伸びて来ていて、ここ3か月は前月から倍々で推移してきています。

結局、ユーザが持っている疑問、質問、悩み、気になることetc・・を解決できるコンテンツかどうかが重要なのであまり枠にとらわれないで自分の好きなように運営していけば良いと思います。

今後については新規に投稿しつつ、記事のリライトをメインにやってアクセス数がどうなるか実験するつもりです。

結果がわかったら公開したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*