ビオトープにはシジミを!淡水シジミの水質浄化効果がすごかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベランダビオトープに入れた淡水シジミの水質浄化効果がすごかったので紹介したいと思います。

はじめに

ベランダにプラ舟を置いてビオトープをやっていたのですが、2週間ほど経過したあたりから水の濁りが気になりだしました。

立ち上げ当初ではありましたが生体はメダカの赤ちゃんが3匹くらいと富栄養になるとは思えなく原因がわかりませんでした。

水替えではどうしようもなかったので思い切ってリセットして再度立ち上げしなおしました。

淡水シジミに出会う

リセットしたので水草を買いに熱帯魚ショップのかねだいに足を運んだところ、コケ取りの貝の横に淡水シジミなるものが並べられていました。

前々からシジミに水質浄化効果があるというのは知っていたのと、価格がなんと1匹50円という激安ぶりだったのでダメ元でビオトープに入れることにしました。

初めは3~4匹入れたかったのですが在庫が1匹だけだったので仕方なく1匹だけ入れました。

淡水シジミの効果

気になる淡水シジミの効果ですが、リセット+淡水シジミを導入してから約3週間経った今現在、水が全然濁っていなくて変なコケも皆無で底面の砂利もくっきり見えるぐらい水が透き通っています

ピンボケ気味で申し訳ないですが、写メも貼ります。

 

ビオトープをやったことがある人はわかると思いますが、ここまで透き通ってるって結構すごいと思います。

初めて立ち上げたシジミなしの時は底面の砂利なんて見えませんでしたから。

身をもって淡水シジミの水質浄化効果を体験できました。

さいごに

まだリセットして3週間なのでまだまだ様子見段階かと思いますが、いつまでこのきれいな水を維持できるのか楽しみにしています。

定期的に報告できたらと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*