時間がないと感じている人の多くは無駄なことに時間を使っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
時間

どうも、こんにちは。

時間がないと感じてる人の多くは無駄なことに時間を使っている気がしています。

やりたいことがあるけど時間がなくて実際に行動できないと思っている人や時間を有効活用したいと思っている方は参考にしてみてください。

時間がないと感じている人は多い

「時間がない」というキーワードはいろいろな場面で耳にします。

  • 独立・起業したいけど仕事が忙しくて時間がない
  • 自炊をしたいけどバイトが忙しくて時間がない
  • ダイエットしたいけどプライベートが忙しくて時間がない

良い感じの例が思い浮かばないのが残念ですが、〇〇したいけど△△で時間がないという声を聞く機会が本当に多いです。

仕事、プライベート問わず誰しも一度は口に出したことがあるはずです。

そんな時間貧乏な人はなぜ時間がないのかを分析することが重要です。

時間がないと感じている人が実践すべきこと

一日の行動をリスト化する

まずは一日の行動をリスト化して見える化を行います。

1日24時間の行動を30分単位でリストに落とし込みます。朝起きてから夜寝るまでの行動は特に細かく書きます。

紙に書いても良いのですが、エクセルやスプレッドシートを使うと後々使いまわしたりPCとスマホといった別端末でも共有できるのでなるべくエクセルなどを利用するのが良いです。

そこで気を付けるのが、プライベート(自由時間)に関する部分は内訳もきちんと書いて、何に何分くらい使ったのかがわかるようになるべく詳細に見える化するということです。

30分単位といわず分かる範囲で詳細に見える化するとその分次のステップでも効果的です。

その行動の目的や効果を書く

1日の行動を見える化したら、次はそれぞれの行動の目的やそれを行うことによる将来的な効果を書き出していきます。

仕事であれば「生活費を稼ぐため」、料理であれば「支出削減(食費節約)のため」、飲み会であれば「コミュニケーション活性化、顧客拡大」などでしょうか。

それぞれ目的や効果を明確化することが重要で、もし目的や効果が思い浮かばなかったらそれはそれでひとまず空欄でも構いません。

目的や将来的に効果がないものは時間の無駄

それぞれの行動の目的や将来的な効果を明確化したら最後に分析と改善です。

まず目的が薄っぺらいものや将来的な効果が無いものは全て時間の無駄と言えます。

例えばストレス発散のための日々の晩酌、暇つぶしのためのテレビやYoutube閲覧、同僚と愚痴を言い合うだけの飲み会などなどです。Youtuberを目指して研究するためにYoutubeを見るといった明確な理由があれば良いのですがほとんどの人は暇つぶしという娯楽として見ていると思います。

時間がないと言っている人って案外こういった無駄なものに時間を使っていることが多いんですよね。

何かやりたくて時間が必要なのであればこういったものは全て排除する気持ちが重要で、これを実践できなければいつまで経っても変わりませんしこれは時間がない貧乏ではなく時間を浪費している浪費家と言えます。

少しずつ実践する

テレビやYoutubeを見たり、愚痴を言い合う飲み会をやりたくなる気持ちはわかりますし僕もたくさんやってきました。

いきなり全てを排除すると余計にストレスが溜まって悪循環に陥ることもあります。

そこでまずは週に1~2回など少しずつ改善していくつもりで始めると成功しやすいです。

継続することが重要なので、負担にならない程度で、かつ改善の効果が見えるくらいのペースで始めると、数ヶ月後に「これだけ変わったからもっとやろう」とプラスのモチベーションが生まれてきて苦に感じることがなくなっていきます。

何事にも言えますが挫折して脱落しては意味がなくて継続こそが全てなので、とにかく継続することを意識していきましょう。

まとめ

時間がない人の多くは無駄なことに時間を使っている場合が多いです。

一つ一つの行動に対して分析と改善を実践することで、案外多くの時間的余裕を創出することが可能です。

人間は普段何気ない意識で行動しています。所謂無意識です。

日常生活において一つ一つの行動の目的や効果をその場その場で考えている人なんて居ませんよね。

その無意識の行動の中に多くの無駄が入っていることが多いので、面倒くさがらずに分析する癖を付けることが重要です。

1日の最後に寝る前でも良いので1日の振り返りをする習慣を身に付けると、リアルタイムでブレーキが掛かり結果無駄なことに時間を使わなくなっていきます。

おしまい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*